Q:シャリのお米は国産ですか?
A:はい!
弊店は湖北地方産のお米を使用しています。 創業以来お付き合いのある、お米屋さんに配達して頂いております。

お米の銘柄は昔ながらのお米、「日本晴」。
最近は減ってきているようですが、かつて昭和の時代には日本で最も多く栽培され
食味検査で基準米として採用されていた品種です。
粘りが弱く、粒がしっかりして酢の乗りがよいので、押し寿司にとても向くお米です。

シャリ炊きは寿司屋一筋58年になる母が担当し、季節やお米の種類(新米・古米)などの条件により、水の量を調整し炊き上げております。




Q:お寿司ケーキはいつ頃始めたのですか?
A:ご質問ありがとうございます!
弊店では、お持ち帰り用寿司ケーキを2006年に販売を開始(世間にまだ「お寿司ケーキ」という言葉がない頃です)
通販は2012年からスタートし、現在に至ります。






Q:お寿司ケーキはスポンジケーキのようにやわらかいですか?
A:いいえ
弊店のお寿司ケーキの発想の源は大阪寿司(押し寿司)。
ネタとシャリをしっかり型に詰めて
押すことで角が立ち、理想の形になります。
従って、柔らかいケーキ状ではございませんで、あくまで華やかなケーキの「形」をした
お寿司なのです。

先代愛用のバッテラ型




Q:私は大阪在住です。お店に行けばお寿司ケーキのお持ち帰りは可能ですか?
A:はい!
お越し頂く時間に出来立てをご用意させて頂きます。
お越し下さる前々日までにご予約ください。
最寄りの京阪大和田駅から弊店への歩き方です。大和田駅〜弊店まで
遠いところ申し訳ございませんが、その分必ず喜んで頂けますよう頑張ります!


Q:お店で食事もできますか?
A:はい!
大阪府は門真市、京阪沿線の大和田駅から徒歩7〜8分の
住宅地のど真ん中にポツンとお店があります。
詳しくは弊店HPをご覧ください。http://minayoshi.net
お越しをお待ち申し上げております。
(但、申し訳ございませんがお寿司ケーキのみのお召し上りは致しておりませんのでご了承ください)



Q:野菜アートはいつ頃始めましたか?
A:ご質問ありがとうございます!
私は高校を卒業してすぐ、18歳の頃洋食の調理場に入りました。
5年後、カナダに単身料理修行に行った際、現地で日本人シェフ”トム・イソガイ氏”に出会い、野菜彫刻という料理を彩る技術の存在を知りました。
師に3ヶ月間従事し、帰国後独学でマスターしました。